症状がないからって放置してはだめ!クラミジアには気を付けて

一体どんな病気なの?

性病の中でも患者さんが一番多い病気って何か知っていますか?実は、クラミジアが一番多いんです。日本だけでも100万人いると言われていますし、若年層中心に感染が広がる傾向があるので、軽視できない病気なんです。病院で処方された薬を飲んでおけば治りますし、辛い症状もないので、あんまり怖い病気だとは思われていないのですが、将来家族を持ちたいと思っている女性にとっては後々深刻な問題となることもありますから、気を付けてくださいね。

クラミジアの症状って?

はっきり異常だと分かるような症状が出ないことも多いのですが、具体的な症状が出る場合はおりものの量が増えたり、不正出血や性交痛などに見舞われることになります。子宮頚管からクラミジアに感染しますが、そのまま治療しないと子宮の奥まで感染が広がってしまい、やがて卵巣や卵管まで到達してしまいます。その結果、卵管などに異変が起こって不妊症に繋がるのです。そこまで進行しないためには、日頃から感染を予防することと早めの通院が必要ですね。

クラミジアの治療の流れって?

検査を行って、クラミジアに感染していることが確定したら抗生物質が投与されます。大体一週間くらい抗生物質を飲むことになりますが、その後で再検査が行われます。検査の結果が陰性になった時点で治療は終わります。患者さんに肝周囲炎などの症状まで出ている場合は、数日間点滴をすることになります。クラミジアは、抗生物質をちゃんと飲んでいないと不完全な治癒になってしまう場合があるので、再々検査まで行って確かめるとより安全ですよ。

巣鴨の婦人科の通院方法は、近隣の情報誌などで紹介されることがあり、診療日や治療内容などに目を向けることが大事です。